技術情報TECHNOLOGY

ホーム    技術情報    建築    FR板スラブ工法

FR板スラブ工法

1. 概要

FR板は、フラットな下面と上面にリブを有する逆T型のリブ付プレキャストコンクリート板で、リブ部に配置されたPC鋼材によりプレストレスが導入されています。 FR板スラブ工法は、FR板を梁型枠上に敷設して上端筋を配置した後、現場打ちコンクリートを打設して一体化するハーフプレキャスト合成床スラブ工法で、工場製作時はもちろん現場施工時にも木製型枠を使用しない地球環境にやさしいエコロジー商品です。

 

FR板スラブ工法概念図

 

2. 特徴

小梁の位置に左右されない自由なプランニングが可能になります。
FR板ボイドスラブとすることでスラブ重量を軽減できます。
下面がフラットでなので天井直仕上げが可能です。
プレストレスが導入されているためクリープによる長期たわみが小さい
FRS板を使用することで水廻りなどの床段差にも対応可能です。

 

 

3. 施工状況