技術情報TECHNOLOGY

ホーム    技術情報    建築    FC板スラブ工法

FC板スラブ工法

1. 概要

FC板は、チャンネル型の断面をしたプレキャストコンクリート板で、リブ部分に配置した4本のPC鋼材によりプレストレスが導入されています。
FC板スラブ工法は、梁間に敷設したFC板の上に上場筋を配置し、現場打ちコンクリートを打設して一体化するハーフプレキャスト合成床スラブ工法です。上面に施した粗面により現場打ちコンクリートと一体化し、強靭な合成スラブとして荷重に抵抗します。
FC板は無支保工での施工が可能で、現場作業を軽減することができます。

 

 

2. 特徴

  • 支保工なしで長スパンの施工が可能です。
  • プレストレスが導入されているため長期たわみが小さく、ひび割れも発生しません。
  • 鉄筋およびコンクリート量を軽減できます。
  • 薄肉部はコンクリートカッターによる切欠きや穴開けが容易です。
  • 過大積載荷重に対して充分な復元力を有します。

 

 

性能確認実験