技術情報TECHNOLOGY

ホーム    技術情報    国土強靭化・メンテリニューアル    プレストレス導入工法

プレストレス導入工法

1.概要

 

プレストレス導入工法は、既設コンクリート部材の外部に緊張材を配置し、プレストレスを与えることにより耐荷性能の向上を図る工法です。この工法は、設計活荷重の変更に対応させる場合や、劣化・損傷により橋梁の耐荷性能が不足する場合に適用されます。

 


2. 特徴

 

  • プレストレス導入工法は、他の補強工法に比べて補強効果が力学的に明確で、補強後の維持管理が容易です。

 

 

3.施工実績

 

  • 喜連瓜破高架橋補強工事