技術情報TECHNOLOGY

ホーム    技術情報    国土強靭化・メンテリニューアル    表面保護工法

表面保護工法

1.概要
 

  • 表面保護工法は、既設コンクリート表面に塗装材料や含浸材を塗布し、腐食劣化の因子の侵入を抑制する工法です。表面保護工法には、表面被覆工法や表面含浸工法があります。


着手前


着手後

 

2.特長

  • 表面被覆工法は、既設コンクリート表面に新たな保護層を設ける工法で、コンクリート表面を被覆することで、劣化因子の侵入を抑制・防止します。また、コンクリートのはく落防止や美観・景観の回復の工法としても適用されます。
     
  • 表面含浸工法は、既設コンクリート表面に含浸材を塗布する工法で、コンクリート表層部の組織を改質して劣化因子の侵入抑制、または新たな性能を付与します。
     
  • 表面保護工法は、施工面の汚れや濡れ、湿度が性能に大きく影響します。したがって、施工においては確実な塗膜厚の確保はもちろん、材料の性能を確保するため、施工中の温度や湿度の管理を行う必要があります。


 

3.施工実績

  • 塩田橋橋梁保全工事