技術開発

電気化学的脱塩

電気化学的脱塩工法

電気化学的脱塩(脱塩工法)は、塩害の原因となるコンクリート中の塩分を電気泳動により除去する工法です。概要図にあるようにコンクリート中の鋼材を陰極とし、コンクリート表面に陽極材を設置して直流電流を通電することにより、陰イオンである塩化物イオン
をコンクリートの外へ排出します。当社は日本で初めて供用中のPC 桁に脱塩工法を適用した弁天大橋や、一般国道1号西湘バイパスの小余綾高架橋など、多数の施工実績を有しています。

当社では独立行政法人土木研究所、ならびに、電気化学工業(株)、東北大学、長岡技術科学大学、徳島大学、九州工業大学との共同研究を行い「電気 化学的脱塩工法による補修ガイドライン(案)」を作成し、工法の普及に努めております。



脱塩工法概要図




PC 橋への脱塩工法の適用にあたってはPC 鋼材の水素脆化や付着力低下といった懸念事項を研究により解消し、橋桁耐力の低下がないように配慮しました。小余綾高架橋では、施工後の脱塩率が全主桁平均で75.6%となり、実橋において十分な脱塩効果を確認しています。

工事名:小余綾高架橋(こゆるぎこうかきょう)/ 事業主体:国土交通省


小余綾高架橋の脱塩率