耐震補強

スマイルパラレル工法

スマイルフレーム(耐震補強)

PC鋼棒を構面内に対角線上に配置・緊張したプレキャストコンクリートの補強フレームを、既存建物に鋼管コッターまたは圧着、あと施工アンカーを用いて接合する耐震補強工法(スマイルフレーム)です。

 

HP用スマイル図

 スマイルフレーム概念図

 

 

 

 

 スマイルフレームの特徴

 

■ 室内レイアウトが不要な完全居ながら施工が可能です。

■ PC鋼材が細い為、通風・採光・室内からの眺望が確保できます。

■ PCa部材を使用の為、短工期・低騒音・高品質を実現します。

■ 部材の小型化で低コスト化が図れます。


 

 

 

香里三井C団地 周南住宅
公社香里三井C団地  周南市営第3住宅

 

 

 

 

 

スマイルダンパフレーム(制震補強)

現場打ちの基礎とプレキャスト部材である柱・梁、および応力伝達部材であるブレース等から構成される補強フレーム内に、ダイヤ型スリットダンパを取り付けて、その減衰効果により建物の応答を低減する外付け制震補強工法です。

 

 

 

 

 スマイルダンパフレームの特徴

 

耐震補強工法と比較して、補強構面を30~50%減じることが可能です。※1

 

ダイヤ型スリットダンパは、鋼板を加工するだけなので、一般的な制震補強工法と比較して安価です。

 

■ 補強した建物の耐震性の評価は、高度な時刻歴応答解析を必要とせずダンパのエネルギー吸収を考慮した構造耐震指標:Isで評価することが可能(2次および3次診断に対する補強設計が可能)です

 

 

※1 当社耐震補強工法比較