橋梁

アーチ橋(ランガー・ローゼ・充填・RC固定)

アーチ橋とは

アーチ橋は、ローマ時代から建設された古い形式の橋です。荷重による圧力線方向にアーチ軸線を近づけたアーチ橋は、固い支持地盤でアーチ水平力を支持できる場合は、力学的に極めて合理的な構造形式です。ローマ時代に建設されたアーチ橋は現在でもその姿を残しているものがあります。
コンクリートアーチ橋の構造形式としては、ランガー橋、逆ランガー橋、ローゼ橋、逆ローゼ橋などがあり、固定支保工や張出し架設で建設されます。


アーチ橋の形式


逆ローゼ橋

ランガー橋

固定支保工架設

支柱や枠組支保工でアーチリブや床版の型枠を支え、コンクリートを打設して形状を構築する方法です。




架設中


張出し架設

張出し架設は、ピロンから張られた斜吊り材を用いて、アーチリブを張出し架設する方法や、鋼製の補強材であるメラン材を先行架設してアーチを構成した後、メラン材を移動作業車により準じコンクリートで巻き立てていく方法等があります。



架設中