会社情報

安全・品質・環境

ISO統合(品質・環境)マネジメントシステム導入
ISOの導入状況

当社は、平成10年度よりISO9001を支店単位で順次認証取得し、平成16年1月にMSAより全社統合で認証を受けました。

また、積極的な環境保全活動に取り組むために、平成15年10月からISO14001の運用を開始し、平成16年3月に全社一括でISO14001を認証取得いたしました。

現在、ISO9001と14001を統合したISO統合(品質、環境)マネジメントシステムとして運用し、品質、環境方針に基づいた活動を展開しております。

iso総合(品質・環境)マネジメントシステム導入

 

ISO理念

当社は、コンクリート土木・建築構造物の設計、製造、施工、並びに事務所活動により提供する製品及びサービスを通して、その事業活動が地域社会や地球環境と深く関わり合っていることを認識し、地域住民、顧客との相互信頼のもと、「人にあたたかい空間づくりをめざして」をモットーに、統合マネジメントシステムの継続的改善を行い、「安全と安心」をブランドとする活力ある企業活動と積極的な環境保全に努める。

 

ISO方針(品質方針)

「当社が保有する情報、設計・製造・施工技術により、安全施工を基本とし、事務処理の合理化、 施工技術の効率化、高品質・低コスト化を図り、顧客が満足する製品を提供するために次の品質方針を設定する。」

 

(1) 規格要求事項を全社員に周知し、全員で品質マネジメントシステム活動に取り組む。
(2) 設計、製造、施工技術を改良・発展させ、製品の高品質・低コスト化、工期短縮を図る。
(3) 情報技術の充実により、事務処理の合理化を図り、迅速な情報収集・伝達を行う。
(4) 「安全なくして生産なし」の経営理念を踏まえ、安全衛生管理と有機的に組み合わせる。

 

ISO方針(環境方針)

「当社の事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、資源保護、汚染予防、及び環境負荷低減を推進するため、次の環境方針を設定する。」

 

(1) 当社の事業活動に関わるすべての人が環境保全活動に取り組むよう、教育・啓発活動を推進する。
(2) 環境関連法規、地域協定などを順守し、地域社会とのコミュニケーションを図るとともに、 環境保全活動に協力・支援する。
(3) 省資源、リサイクルを推進し、主要な環境負荷である資材・エネルギー・水の使用量削減を図ると共に再資源化に努め、廃棄物の適正処理及び排出削減に取り組む。
(4) 環境についての目的・目標を定め、内部監査などにより見直しを行い、継続的改善を行う。

 

 

 

 

労働安全衛生マネジメントシステム導入
導入状況

当社の全組織において、MSAより平成23年12月22日付で

「労働安全衛生マネジメントシステム」の認証を取得いたしました。

「安全なくして生産なし」の経営理念の下に、組織を挙げて、

労働安全衛生活動を推進してまいります。

 

「労働安全衛生」理念

当社は、労働安全衛生マネジメントシステムを構築・運用し、「安全なくして生産なし」の経営理念に立ち、労働安全衛生活動を推進し、全社員が積極的に取り組み、職場で働くすべての人のために、安全で健康的で快適な職場環境をつくり、労働災害の防止が社会に対する企業責任であることを認識し、安全衛生の水準向上に努める。

 

 

「労働安全衛生」方針

「労働安全衛生」理念を達成するために、次の労働安全衛生方針を設定する。

 

(1)

当社の行う労働安全衛生活動に対して、労働安全衛生マネジメントシステムを確立し、展開し、維持する。

(2)

負傷及び疾病の予防、並びに労働安全衛生マネジメントとパフォーマンスにおける継続的改善を図る。

(3)

労働安全衛生法、その他関連法規及び当社が同意する要求事項を明確にし、順守する。

(4)

この労働安全衛生方針と年度労働安全衛生目標を展開、実施し、かつ維持する。
また、この方針、目標達成のためにすべての経営資源が利用できるようにする。

(5)

協力会社を含む全社員に労働安全衛生の義務と責務を自覚させるために、教育・啓発活動を推進する。

(6)

労働安全衛生マネジメントシステムとその活用を適切かつ確実に維持するために、定期的な内部監査などにより、
経営者による見直しを実施する。